Optofab3000プロセス制御

  • 傾斜可能な基板ホルダー
  • ブレーズグレーティングを有効にします。
  • 側壁をふき取りまたはエッチングすることができるようになります。
  • ターゲットに関係する基板の角度制御は優れた成膜均一性を確実にします。

基板回転速度

  • 可変基板の回転速度は、アプリケーション標準と高速基板オプションを特別に成膜レートを制御可能にします。

基板冷却

  • 基板やデバイス構造/他の材料の劣化を防止

プロセス監視

  • 成膜プロセスの監視
  • 液晶モニター(シングルまたはデュアルヘッド)
  • ホワイト·ライト光学モニター(WLOM)
  • チャンバーガスの識別、分圧の制御とリークはRGAを介してチェックされます。
アサイラム・リサーチのAFMが超高分解能の新基準を打ち立てました!AFMを溶液製膜法と組み合わせることにより、ポリマー構造の特性評価において、シンプルかつ超高分解能なアプローチを提供する事が可能に‼ 詳細は、”Nature”… https://t.co/Sv3gO79mpn
6:33 午前 - 19 4 19
さらにTweetを見る