• 信頼性の高いAutoID自動元素定性
  • 全てのカウントレートで高信頼の定量分析
  • 1,000~100,000cpsで安定性を保証 – ピークシフトと分解能変化 <1 eV
  • 非常に高いカウントレート時に発生するパイルアップをソフトウェアで自動補正
  • Be~Puまでの優れた低エネルギー分析
  • MnKa, FKa, CKaで分解能保証
  • ISO 15632:2012規格に準拠
  • 高速・高信頼性分析性能を実現する内蔵ハードウェア

 

 

アサイラム・リサーチのAFMが超高分解能の新基準を打ち立てました!AFMを溶液製膜法と組み合わせることにより、ポリマー構造の特性評価において、シンプルかつ超高分解能なアプローチを提供する事が可能に‼ 詳細は、”Nature”… https://t.co/Sv3gO79mpn
6:33 午前 - 19 4 19
さらにTweetを見る