設定を最適化し再解析するために、データの再収集は必要ありません。AZtecHKLにより、収集直後でもオフラインでもデータ処理が可能です。



AZtecHKLの再解析機能は、柔軟性のある自由な機能です:

  • ソルバー設定の最適化や相の追加、そしてデータのオフライン再解析
  • データ収集前に試料に含まれる全ての相を知っておく必要はありません。

物理学会の為、説明員が2人九州大学に行ったのですが、大盛況過ぎて弊社の事業部長の所に列はできてしまうし、もう一人は、お客様を裁く事でいっぱいとなり、写真が撮っている暇が無かったと連絡がありました。 嬉しい悲鳴です。今日は最終日、もしお時間がございましたら、覗いてみてください
11:06 午後 - 16 3 19
さらにTweetを見る