マグネット冷却ボアのサイズ 64 mm or 77 mm
磁場均一性 Up to 1 part in 10-6 relative (0.0001%/hour; 1ppm)
磁場減衰率 Up to 1 part in 10-6 relative per hour (0.0001%/hour; 1ppm/hour)

  • 補償コイルが利用でき、コイル端での磁場減衰率を下げることにより、磁場中心での磁場均一性を改善できます。補償コイルが利用でき、コイル端での磁場減衰率を下げることにより、磁場中心での磁場均一性を改善できます。
  • シムコイルは、残留磁場勾配を除去するために使用され、主コイルと直列に配線することで、基本的なレベルでの補正を行います('シリーズシム ')。あるいは、手動調整を行うために独立に配線することもできます(独自のISS10シム用電源が付いた’独立シム’)。
  • 変調および勾配磁場コイルは、マグネットボアに装着し、変調された(一般的に正弦波交流)磁場や、試料空間全体での磁場勾配を作り出します。単一のコイルがこれら両方のオプションを可能にし、かつ別の電流リードセットから電源を得ています。
  • キャンセルコイルはマグネットの上部、下部に装着でき、磁場中心に低磁場領域を作ります。これは、しばしば希釈冷凍機と共に使用されます。

この他のマグネットやデュワーのオプションは、カスタム設計されたマグネットシステムにあります-詳細はお問い合わせください。

アサイラム・リサーチのAFMが超高分解能の新基準を打ち立てました!AFMを溶液製膜法と組み合わせることにより、ポリマー構造の特性評価において、シンプルかつ超高分解能なアプローチを提供する事が可能に‼ 詳細は、”Nature”… https://t.co/Sv3gO79mpn
6:33 午前 - 19 4 19
さらにTweetを見る