試料環境 真空
試料スペース  52㎜の穴あき冷却マグネットに合わせ40mmの試料スペース
最低温度 (熱負荷なし、標準的な放射シールドあり) 245 mK以下でで90時間以上
最高温度 標準で1.2K。より高温のオプションが使用可能です:ゼロ磁場で最大300 K、磁場中で最大100 K
冷却パワー(一般的な熱輻射中) 290mK以下で10時間以上の間400μW
温度安定性 1.2 K以下で±3 mK
温度計 ヘリウム3ポットと1Kプレート上に未調整RuO2センサー、He3 sorb上には未調整炭素センサー
3He の再冷却時間 30分
液体ヘリウム消費量(標準) 室温から4.2 Kまでインサートを冷却するために3リットル。最低温度で動作する際は0.04リットル/時
試料へのアクセス グリースを塗ったコーンシール位置のIVCを取り除くことによりシールをクランプと共にスライドさせる。6.0mmのクリアな内径を持つ試料スペースへは二つの視線ポートにより。 室温ではNW16フラ
極低温サービスの間隔  N/A
3He 含まれていません
 

 

アサイラム・リサーチのAFMが超高分解能の新基準を打ち立てました!AFMを溶液製膜法と組み合わせることにより、ポリマー構造の特性評価において、シンプルかつ超高分解能なアプローチを提供する事が可能に‼ 詳細は、”Nature”… https://t.co/Sv3gO79mpn
6:33 午前 - 19 4 19
さらにTweetを見る