操作モード ‘Pull’ mode ‘Push’ mode
温度範囲 2.3 - 500 K 4.2-500 K
サンプルホルダー寸法 20 mm wide x 50 mm long (optical sample holder version has a 12.5 mm aperture)
最大サンプルスペース(space within radiation shield) 30mm wide x 58mm long
温度安定性 +/- 0.1 K (measured over 10 min period)
室温から4.2 Kまでの冷却時間 10 minutes
室温から4.2 Kへの冷却時のヘリウム消費 <1.3 litres
4.2 Kでのヘリウム消費量 <0.45 l/h (see Note 1)
サンプル交換時間 1 hour
クライオスタット重量 2 kg

注1.すべての仕様は、LLTトランスファーチューブとITCコントローラ、2セットのSpectrosil B窓を用いたベースモデルのクライオスタットでの値です。

アサイラム・リサーチのAFMが超高分解能の新基準を打ち立てました!AFMを溶液製膜法と組み合わせることにより、ポリマー構造の特性評価において、シンプルかつ超高分解能なアプローチを提供する事が可能に‼ 詳細は、”Nature”… https://t.co/Sv3gO79mpn
6:33 午前 - 19 4 19
さらにTweetを見る