無冷媒光学クライオスタット

無冷媒光学クライオスタットは液体ヘリウムを必要とせずに、1.5 Kの低温を実現することが可能です。これは、コストや使いやすさの面で大きなメリットをもたらします。

当社では、次のような製品を提供しています:

  • OptistatAC-V: 2.8 Kの最低温度、試料は真空中、冷却能力に応じて2つのモデルを選択可能
  • OptistatPT: 1.5 Kあるいは4Kから300 Kの温度範囲で、大きなサンプルスペース、速いサンプル交換が可能なボトムローディング式とトップローディング式、低振動(検出器への利用に最適)
  • SpectromagPT: 磁気光学用途に適しています。1.5 Kから300Kまで温度域を有する温度可変インサートを含み、最大10テスラの磁場が可能

このクライオスタットには分光用の光学窓を取り付けることができます。

このグループのプロダクト

物理学会の為、説明員が2人九州大学に行ったのですが、大盛況過ぎて弊社の事業部長の所に列はできてしまうし、もう一人は、お客様を裁く事でいっぱいとなり、写真が撮っている暇が無かったと連絡がありました。 嬉しい悲鳴です。今日は最終日、もしお時間がございましたら、覗いてみてください
11:06 午後 - 16 3 19
さらにTweetを見る