分光用のクライオスタット 

アプリケーション:赤外線、FTIR、UV /可視における反射率および吸収率、ラマン分光、フォトルミネッセンス、NMR、ESR、顕微分光。

分光用クライオスタットには様々なモデルがあります。下記の分類からご選択ください。

  • 冷却方法:窒素、ヘリウムあるいは無冷媒( Cryofree®
  • 試料環境:真空または熱交換ガス
  • クライオスタットのタイプ:連続フローまたはバス型クライオスタット
  • 作動距離:顕微分光用に窓とサンプルの距離が非常に短いクライオスタットもあります。
  • 超電導マグネットの有無

クライオスタットは、紫外から遠赤外の光を透過する、最大4面のウィンドウ(モデルによって異なる)を取り付けることができます。

すべてのクライオスタットは、MercuryiTC温度コントローラで制御可能です。MercuryiTC温度コントローラは、拡張カードによりアップグレードすることができ、液面計やガス流量制御にも使用することができます。

アサイラム・リサーチのAFMが超高分解能の新基準を打ち立てました!AFMを溶液製膜法と組み合わせることにより、ポリマー構造の特性評価において、シンプルかつ超高分解能なアプローチを提供する事が可能に‼ 詳細は、”Nature”… https://t.co/Sv3gO79mpn
6:33 午前 - 19 4 19
さらにTweetを見る