アサイラム・リサーチ事業部より、局所熱分析機能が付属した原子間力顕微鏡を、チョコレート製品中スクロース結晶の特性評価に適用したアプリケーションノートを紹介
2018年2月14日


アサイラム・リサーチ事業部より、局所熱分析機能が付属した
原子間力顕微鏡を、チョコレート製品中スクロース結晶の
特性評価に適用したアプリケーションノートを紹介

              
良質なチョコレートのビロードのように滑らかなテクスチャは、製造過程で使用されるココアやミルクパウダー、シュガー(スクロース)の非常に小さな粒子と特性で決まります。結晶状態の解析に使用されるX線回折や示差走査熱量測定と比較すると、原子間力顕微鏡(AFM)はナノスケールの分解能をもつため、小さな粒子の特性評価に適していることは言うまでもありません。AFMはまた、凝着力や局所熱特性を精密解析できる機能も兼ね備えています。弊社アサイラム・リサーチ事業部の新規アプリケーションノート“AFMおよびZtherm局所熱分析によるチョコレート製品に含まれるスクロース結晶の特性評価”は、チョコレートに含まれているスクロース結晶の特性評価に用いたAFMテクニックとその結果について解説しています。このアプリケーションノートはこちらよりダウンロードできます。
挽いていないチョコレートの塊に現れる
スクロース粒子の表面形態

 

アサイラム・リサーチのMarketing DirectorであるBen Ohlerは次のように説明しています。「弊社のMFP-3DTM AFMシステムとZthermTM 局所熱分析機能は、結晶‐再結晶の実験にとって理想的な組み合わせです。ZthermAFMカンチレバーを通して加熱を行うことで生じる、微小領域における熱誘起の表面特性変化を検出します。この評価技術は、チョコレート製造への応用だけでなく、ナノスケールの凹凸形状や溶解・凝固挙動が関心の対象となる、食品科学の他の分野へも応用が拡がっていく可能性があります。」
 

さらに詳しい情報については下記までお問い合わせください。

オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
アサイラム・リサーチ事業部
〒140-0002 東京都品川区東品川 3-32-42 ISビル
Tel: +81 (0) 3 6732 8969
Fax: +81 (0) 3 6732 8939
Email: sales.asylum.jp@oxinst.com
URL:www.oxford-instruments.jp/AFM

© Copyright 2018 Oxford Instruments.