卓上型NMRのMQCアナライザーを使用した産業および建設廃棄物中のフッ素測定

工業、建設廃棄物の処理およびリサイクルがしばしば材料にフッ素含有量の測定を必要とします。これは、主に廃棄物処理の有毒なフッ素ガスと最適化の潜在排出量を監視することに関連します。

当社の卓上型のNMRアナライザMQCのシステムは、液体および乾燥廃棄物のフッ素を迅速、簡単に測定する正確な方法を提供します。

NMR技術は、任意の化学物質や複雑なサンプル調製の使用を必要としません。

さらなる情報については、当社のアプリケーション·ノートをダウンロード してください。 粉末のフッ素含有量の測定。

アサイラム・リサーチのAFMが超高分解能の新基準を打ち立てました!AFMを溶液製膜法と組み合わせることにより、ポリマー構造の特性評価において、シンプルかつ超高分解能なアプローチを提供する事が可能に‼ 詳細は、”Nature”… https://t.co/Sv3gO79mpn
6:33 午前 - 19 4 19
さらにTweetを見る