卓上型NMR MQCアナライザーを用いたポリプロピレンにおけるキシレン可溶分の測定
 
ポリプロピレンのキシレン可溶分は、ポリマー製造プロセスにおける標準かつ重要な品質管理の測定の一つです。今日、製造者にとってポリプロピレンは、一般的なポリマーの一つです。非常に広範囲のアプリケーションがあり、使用目的に最適化され、様々な製剤とグレードで生産されています。

ポリプロピレンは、半結晶性ポリマーであり、アモルファスコンテンツの結晶比率が、ポリマーの特性の主な決定要因の一つになります。キシレン可溶分は広く合成および加工時に製品の再現性を監視するために使用されています。

私たちの卓上型NMRアナライザーMQCは、ポリプロピレンのキシレン可溶分を速く、簡単かつ正確に測定する方法として提供しています。

詳細については、アプリケーション・ノートをダウンロードしてください。 ポリプロピレン中におけるキシレン可溶分の測定

 

物理学会の為、説明員が2人九州大学に行ったのですが、大盛況過ぎて弊社の事業部長の所に列はできてしまうし、もう一人は、お客様を裁く事でいっぱいとなり、写真が撮っている暇が無かったと連絡がありました。 嬉しい悲鳴です。今日は最終日、もしお時間がございましたら、覗いてみてください
11:06 午後 - 16 3 19
さらにTweetを見る