卓上型NMR MQCアナライザーを使用して、結晶ポリスチレン中の油を測定

今日において、ポリスチレンは最も一般的に製造されるポリマーの一つです。純粋なポリスチレンは、高結晶性と剛性を持ち合わせており脆弱です。柔軟性を高め、材料の脆弱性を低減する1つの方法は、鉱油とポリマーを混ぜ合わせることです。使用される鉱物油の量の正確な制御は、適切な性能の再現性を確保するために必要です。

私たちの卓上型NMRアナライザー MQCシステムを用いれば、結晶ポリスチレン中の鉱物油の量を迅速かつ簡単に、正確に測定することができます。

さらなる情報をご覧になる方は私たちのアプリケーション・ノートをダウンロードしてください。: 結晶ポリエステル中の鉱物油

 

物理学会の為、説明員が2人九州大学に行ったのですが、大盛況過ぎて弊社の事業部長の所に列はできてしまうし、もう一人は、お客様を裁く事でいっぱいとなり、写真が撮っている暇が無かったと連絡がありました。 嬉しい悲鳴です。今日は最終日、もしお時間がございましたら、覗いてみてください
11:06 午後 - 16 3 19
さらにTweetを見る