卓上型NMR MQCのアナライザーを使用してワックス中の油を測定

石油資源由来のワックスは石油精製過程の副産物が重要であるため、ワックスの油の測定は、石油精製業界内で重要です。柔軟性、硬度、摩擦などの特定の機械的および物理的特性を付与する能力を持っているため、これらのワックスは、広く多くの材料や製品の製造に使用されています ワックスの多種多様な固有の特性で製造されています。

ワックスの特性を制御する最も重要な要因の一つは、油含有量です。これはワックスの油の含有量の測定ルーチンは、生産プロセスの一貫性のあるコントロールのために不可欠であることを意味します。

私たちの卓上型NMRアナライザーMQCのシステムはワックスにオイルを速く、簡単かつ正確な方法を提供し測定します。MQCは158、ASTM D721-06に相当し、IP結果を提供するために校正することができます。

さらなる情報については、当社のアプリケーション·ノートをダウンロードしてください:ワックスの油の測定

 

物理学会の為、説明員が2人九州大学に行ったのですが、大盛況過ぎて弊社の事業部長の所に列はできてしまうし、もう一人は、お客様を裁く事でいっぱいとなり、写真が撮っている暇が無かったと連絡がありました。 嬉しい悲鳴です。今日は最終日、もしお時間がございましたら、覗いてみてください
11:06 午後 - 16 3 19
さらにTweetを見る