オックスフォード・インストゥルメンツ(Oxford Instruments PLC)は英国オックスフォードにて1959 年設立し、以来超電導・極低温・半導体装置等の製造販売・サービスを行っております。1980 年に世界で初めて全身イメージング用の超電導マグネットを開発し、1989 年にはMRI マグネット製造部門を独立しOxford Magnet Technology(OMT)社を設立、2003年にはSiemens 100%出資となりSiemens Magnet Technology(SMT)社へ社名変更、2010 年以降現在はSiemensPLC として通算30 年以上に渡り世界トップシェアメーカーとしてMRI マグネットを供給し続けています。

日本法人のオックスフォード・インストゥルメンツ株式会社は1991 年に設立され、これまで20 年間に渡りアジア地域のMRI 用超電導マグネットの製造・販売・サービスを受け持ち、現在はフィールドサービスのブランド名をMax(Magnet Expert group) Asia とし、アジアで唯一の認定サービスプロバイダーとして超電導マグネットのフィールドサービスを行っております。

アサイラム・リサーチのAFMが超高分解能の新基準を打ち立てました!AFMを溶液製膜法と組み合わせることにより、ポリマー構造の特性評価において、シンプルかつ超高分解能なアプローチを提供する事が可能に‼ 詳細は、”Nature”… https://t.co/Sv3gO79mpn
6:33 午前 - 19 4 19
さらにTweetを見る