/

9月初旬に幕張メッセにてJASIS2016が開催。ブース出展と新技術説明会で参加します。新技術説明会は2セッション、AFMを用いた機械特性評価と電気特性評価技術について紹介いたします。AFMは、形状観察に加えて表面の様々な物性情報をナノメートル分解能で取得できるのが大きな特長です。

本日付けで、弊社は交通利便性の高い日本橋人形町エリアに日本橋ラボを開設し、AFMビジネスの業務拡大のため、アサイラム リサーチ事業部のデモンストレーションおよびカスタマーサポート機能を移転いたしました。

来月7月22日(金) に、新設の日本橋ラボで開催するアサイラムAFMセミナーのご案内です。 本セミナーは、アサイラムAFMの最新情報だけでなく、AFMを用いたメカニクス計測の研究で著名な東京工業大学・中嶋健先生のご講演のほか、クライオミクロトームによる試料作製技術の紹介を行い、多角的な視点で高分子材料のAFM解析へアプローチすることを目的としており...

6月に開催される2つの学会の付設展示会出展や講演についてご案内いたします。第54回日本接着学会年次大会、日本表面科学会実用顕微評価技術セミナー2016に参加いたします。

このウェビナーでは、薄膜材料のキャラクタリゼーションにおける最新の原子間力顕微鏡(AFM)の強い可能性を探り、また、走査スピードや感度、および操作性における近年の進歩についてレビューします。講義では、幅広い実用的なアプリケーションを浮き彫りにするような例と共に、薄膜材料における電気物性、機械物性、その他の機能物性の応答に関する評価法について紹介いたしま...

「高分子構造・物理 2a. 固体」発表部門にて、弊社AFMサイエンティストがポスター講演を行い、AFMによる粘着剤表面の機械特性評価について発表いたします。 また、5月26日(木)には、企業紹介セミナー(ランチョンセミナー)を開催いたします。アサイラム リサーチAFMの高分子科学・工業分野における最新の応用例を紹介いたします。

アサイラムリサーチは、AFMによるナノメカニクス計測において、創立時よりその定量性・再現性の高度化を追究するとともに、一つだけの計測手法に依存することなく、対象材料や用途に応じて複合的な解析や使い分けができるよう、多彩な手法を開発・提供してきました。私たちはその概念をNanomechPro™Toolkitと呼んでいます。

来月5月23日(月) に大阪で開催いたします、アサイラムAFMセミナーのご案内です。 本セミナーは高分子材料の機械特性評価に焦点をあて、様々な計測手法について紹介いたします。

3月19日から4日間、東京工業大学大岡山キャンパスで開催される第63回応用物理学会春季学術講演会についてご案内いたします。学術講演会のシンポジウム「誘電体・強誘電体材料評価・解析技術の最先端」にて、弊社AFMサイエンティストが口頭講演を行い、最新AFM測定モードを用いた誘電体および強誘電体の電気特性評価事例を紹介いたします。  

1月27日から東京ビックサイトにてnano tech 2016が開催。ブース出展とシーズ&ニーズセミナーで参加します。オックスフォード・インストゥルメンツ(株)の展示ブースにて、Cypher ES原子間力顕微鏡システムの実機を展示いたします。

アサイラム リサーチ事業部より、弊社取扱いのAFM/SPM用プローブのご案内をいたします。年度末が近づきますと、例年AFMプローブのご注文が増えてまいります。この機会に是非ご検討ください、以下から価格表がご覧になれます。

1月に開催される弊社サイエンティストによる講演について3件ご案内いたします。機能性材料・デバイス解析ナノプローブテクノロジー研究会、日本接着学会関東支部若手交流会、ニューガラスフォーラム評価技術研究会に参加いたします。詳細は下記をご覧ください。