LN2 自動切替ユニット-オックスフォード・インストゥルメンツのクライオテーブルにアップグレード

オックスフォード·インストゥルメンツのLN2自動切替ユニットは、テーブルクーリング液を、再循環冷却装置を介して、自動的に液体窒素(LN2)と冷却液を切り替えることができます。このユニットは、クライオ冷却電極を備えたシステムを含む、当社のシステムの多くのアップグレードとして追加することができます。

主な特長

  • 大きなコスト削減
  • 温度範囲200℃から0℃まで加速冷却
  • 完全自動化
  • 急速モードに変更することで時間を節約
  • 無人/夜間モード変更
  • 設定範囲:-150℃〜400℃ (システム100ツール)
  • 設定範囲:-120℃〜350℃( システム133ツール)

 

既存機との比較

LN2自動切替ユニットと互換性のあるシステム

  • この自動切替ユニットは、クライオテーブルまたはヒートRIE電極を有する、すべての新規、又は既存のPlasmalab / PlasmaProシステムで使用することができます。
  • ホットテーブルから冷却液をパージするために使用することもできます。

比較表は、ホットテーブルアシストとアシストなし冷却について、時間とコストの節約を明らかにしています。

追加情報

お問合せ