大面積センサーを使うことによって:

  • 低ビーム電流でも十分なカウントレート
  • イメージング性能と信頼性を最大化
  • TEM画像収集とX線解析で条件の変更なし
  • 同じビーム電流条件でより高いカウントレート
  • より短い収集時間
  • より良い統計的信頼性
  • 小ビーム径でも実用的な分析
  • 空間分解能を最大化
  • 高分解能TEMで最高の結果を

 

Size matters, sensitivity counts

同一条件下で、大きな検出器はUnder the same operating conditions, bigger detectors:

  • 数分かかっていた分析を数秒で - マッピングを毎日の分析ツールに
  • 同じ収集時間でも安定性が劇的に改善

Large Area detectors – high-speed microanalysis is routine for all.

 

Low energy matters, sensitivity counts

X-MaxN 80 Tは低エネルギー検出性能を発揮するように最適化されています。

  • Be検出は全ての検出器で保証し、SiLI線のマッピングも可能です。

Very Large Area detectors – low energy analysis is practical for all.


Size matters, spatial resolution counts

高分解能条件は低いX線発生となります。

  • 大面積検出器は、実用的な時間で、良好な低エネルギー域のスペクトルが得られます。
  • ナノスケールの微小な粒子でも分析が可能です。

Very Large Area detectors – advanced nanoanalysis is possible for all.