x-actはどんなカウントレートでも、最高のパフォーマンスを発揮するSDD検出器です。オックスフォード・インストゥルメンツの評価の高い技術の全てがパッケージングされ、大面積検出器X-MaxNの性能が要求されないアプリケーションに最適です。

x-actはオックスフォード・インストゥルメンツの40年に及ぶ経験が内包されており、全世界でセールス、サービス、カスタマーサポート技術者によってバックアップされます。

Overview

  • 検出可能元素:Be~Pu
  • プレミアム仕様の分解能:125eV
  • 分解能はISO 15632:2012規格に準拠して測定されます。
  • INCA® and AZtec® EDS 分析ソフトウェアとの互換性

 

x-act features

  • 信頼性の高いAutoID自動元素定性
  • 全てのカウントレートで高信頼の定量分析
  • 1,000~100,000cpsで安定性を保証 – ピークシフトと分解能変化 <1 eV
  • 非常に高いカウントレート時に発生するパイルアップをソフトウェアで自動補正
  • Be~Puまでの優れた低エネルギー分析
  • MnKa, FKa, CKaで分解能保証
  • ISO 15632:2012規格に準拠
  • 高速・高信頼性分析性能を実現する内蔵ハードウェア

 

 

x-act advantages

  • X-MaxNの性能が必要とされないEDSアプリケーションで高品質分析を実現するSDD検出器
  • Si(Li)検出器の10倍のカウントレートで生産性の向上
  • 液体窒素不要

 

 

関連するプロダクト

AZtecListing118

EDS分析ソフトウェア AZtecEnergy

AZtecEnergy EDS分析ソフトウェアは、SEMまたはFIBで動作する元素組成評価ツールです。ポイント分析やラインスキャン、エリアマッピングでの高速データ収集、データ解析およびレポート作成機能を備えています。

278_XMaxN

大面積SDD検出器 - X-MaxN

X-MaxNは様々なサイズのSDD検出素子を搭載した検出器を取り揃えています。ミクロレベル分析の20mm2 SDDからナノレベル分析の世界最大SDD 150mm2 SDD までのラインナップで、様々なお客様のアプリケーションに合わせた検出器を用意しております。