論理的な分析セットアップ

INCAGSR ナビゲータの論理的なステップからGSR分析を実行します。ルーチン測定のレシピは簡単に設定でき、時間を節約し一貫性を確保します。

  • 検出クライテリア、スレッショルドレベル、分析パラメータや停止条件などは全てレシピに格納されます。
  • サンプルの面積はステージの疑似画面で定義します。
  • 粒子の位置は保存され、後で呼び出すこともできます。

信頼性のあるGSR粒子検出

INCAGSRにデザインされた粒子検出アルゴリズムは、高速性と信頼性を兼ね備えています。全ての粒子は最小限の時間で、最高の生産性で正確に検出されます。

  • C, Co, Rh, Auの4つの標準イメージング試料がシステムに含まれています。この標準試料を使い、反射電子検出器は全ての銃弾を検出できるように設定されます。

正確な定量分析とクラス分け

INCAGSRを使うことで、試料中に存在する元素について仮定する必要はありません。EDSハードウェアは高い安定性をもち、INCA AutoIDアルゴリズムで全てのピークが正確に同定されます。したがって正確な結果が全ての粒子について収集されます。正確な定量化は正確なクラス分けを実現します。 INCAGSRは、GSRに適合したクラス分けスキームを付加して供給されます。すなわち供給されたものでもモディファイしたものでも使用可能で、フレキシブルで便利なツールをお客様に提供いたします。

  • 収集されたデータの再処理や再クラス分けは、再分析用の試料は不要で、素早く簡単に実行できます。

粒子確認のためのGSR Particle Review


ボタンをクリックするだけで、注目する粒子は自動で顕微鏡ビーム直下に移動します。再収集のステップは粒子の種類の確認に使用され、解析粒子の認識をさらに正確にします。

  • マニュアルで収集されたデータは、統計分析データを含み、データベースに格納されます。

総合的なデータ解析

データ解析に利用可能なツールは、任意のデータセットの概要を素早く提供し、データの妥当性と信頼性を確認できます。

  • データは個別のクラス、または複数のクラスのグループごとにプロットされます。INCAGSR中のグラフと表は標準フォーマットで簡単に出力できます。

GSR Reporting

GSR専用にデザインされたレポートテンプレートが用意されています。このテンプレートはテンプレートエディターで簡単に編集できます。

  • お客様が必要な形式で、必要なデータを簡単にレポートできます。
  • クリックするだけで、全てのレポートがMicrosoft Wordに出力されます。