試料の調査にはしばしば多大な時間を必要とし、データの解釈に高いスキルが要求されることがあります。ボタンをクリックするだけで、AutoPhaseMapはX線マップデータから異なる組成のエリアを見つけ出し、その分布と面積、構成元素を決定し、相イメージの解釈を簡単にします。

AutoPhaseMapは試料の相分布マップを自動で生成する新しい方法です。

データ収集中でも収集後でも、AutoPhaseMapの自動処理で...

  • X線マップデータを数秒で相マップへ変換
  • 以下の項目を計算・表示
    • 各相の分布
    • 各相のスペクトルと組成
    • 各相の面積比
  • ナノマテリアルを含む全てのサイズの相を発見
  • 隠された相を発見し、わずかに存在する元素をハイライト