EDS元素マップと電子線イメージの組み合わせまたはオーバーレイした一つのカラーイメージは、試料中の元素分布を観察する最も早い方法です。 しかしこの綺麗なイメージの後ろにあるデータが正しいかを知ることは重要です...

SmartMap
SmartMap スペクトルマッピングは、2次元自動定性分析の利点をもたらし、元素の認識とそれらの分布を表示します。試料で全ての元素がどのように分布しているのかをみることができます。

  • 試料の事前知識は必要ありません。
  • 自動で同定、生成された全ての元素マップ
  • 化学的な、または相の分布を強調する単一のレイヤーイメージを数秒で
  • 広い面積を高分解能で研究できる最大4KのSmartMap分解能

AutoLayer - 複雑なストーリーをシンプルに
クリック一つで、AutoLayerは一連のX線マップに含まれる複雑な情報を取得し、試料の相と元素の分布を可視化できるようにそれらを一つのイメージとして表示します。

  • 即座に自動で試料を解釈します。
  • 何が重要なのかを一つのイメージ中でハイライトします。
  • 試料の複雑さを明らかにします。
  • レイヤーイメージをX線マップの色と関連した色付けを行います。

TruMap

TruMapは特長あるリアルタイムマッピングソリューションで、最新SDD検出器で生成される増加したX線カウントの利点を十分に発揮することで、新しいレベルのデータを提供し、真の元素分布を見ることができます。