AZtecGSRを使ったSEMでの発砲残渣解析は最速で最も正確です。 ASTM E1588-10e1規格に従った再現性のある結果が得られます。 最新のX-MaxN検出器とTru-Qアルゴリズムの使用による最高の信頼性と共に、AZtecGSRはガイド化されたワークフローで簡単な操作性を兼ね備えています。

概要

  • AZtecGSR発砲残渣解析システムは、ASTM E1588 - 10e1規格に従います。
  • X-MaxN SDD検出器、マルチコアプロセッシングと64ビットアーキテクチャの使用で最速のスループットで分析可能です。
  • 1回の実行で複数の試料を自動で解析します。
  • GSR粒子の自動確認
  • 様々な異なる弾薬タイプのクラス分け設定を提供します。
  • SEMビームの安定性とEDS検出器分解能の検証レポートを作成できます。
  • 様々なSEMに搭載可能です。
  • シングルまたはマルチ検出器構成で10mm2から600mm2までの有効検出面積をフレキシブルに選択できます。

 

有効な結果を迅速に

 

  • 再現性のある結果を得るためのキャリブレーションと検証
    • 再現性のあるブライトネスとコントラスト設定のためのイメージキャリブレーションスタンダードを提供
    • EDS検出器とSEMビーム安定性のエネルギーキャリブレーションの検証
    • SEMビーム安定性の検証
    • 検出設定の検証のためのスタンダード粒子試料のレポートを作成
  • 定義済み設定、クラス分けと分析領域設定
    • 定義済のしきい値と検出設定
    • 標準のクラス分けスキーム
    • 鉛フリー弾薬タイプ
    • 保存と読み出し可能な分析領域設定
  • 自動粒子データ収集とクラス分け
    • 分析領域の自動解析と最新スキャンアルゴリズムによる粒子の認識
    • 明確な基準に達した場合の収集の終了を設定可能
    • 粒子の性質と発砲残渣との一致を判別するための粒子組成の正確な測定
  • 特徴のある粒子の自動検証
    • 粒子形状を確認するための高倍率自動粒子再収集
  • ASTM E1588 - 10e1基準に従った粒子データレポート
    • 設定の確認のためのビームとエネルギーキャリブレーションレポート
    • 粒子位置とクラスをレポート

関連するプロダクト

AZtecListing118

EDS分析ソフトウェア AZtecEnergy

AZtecEnergy EDS分析ソフトウェアは、SEMまたはFIBで動作する元素組成評価ツールです。ポイント分析やラインスキャン、エリアマッピングでの高速データ収集、データ解析およびレポート作成機能を備えています。

278_XMaxN

大面積SDD検出器 - X-MaxN

X-MaxNは様々なサイズのSDD検出素子を搭載した検出器を取り揃えています。ミクロレベル分析の20mm2 SDDからナノレベル分析の世界最大SDD 150mm2 SDD までのラインナップで、様々なお客様のアプリケーションに合わせた検出器を用意しております。

粒子解析システム - AZtecFeature

粒子解析システム - AZtecFeature

AZtecFeatureは使い易さ・スループットの高さにおいて革新的な粒子解析システムです

278_xact

10mm2 SDD検出器 x-act

x-actは10mm2のSDDを搭載し、ルーチンEDS分析アプリケーションに最適な検出器です。

プロダクト・サポート

装置講習会日程

装置講習会日程

2017年度の講習会日程一覧

AZtecEnergy 講習会

AZtecEnergy 講習会

EDSの原理から、定性・定量分析やマッピングなど、AZtecEnergyの使い方について、実機操作を交えて講習いたします。