試料の物理的特性は、特定の結晶方位の配列に依存しています。これを観察する簡単な方法の一つは極点図または逆極点図を使うことです。

Mamboは極点図作成プログラムであり、EBSDで解析されたサンプル中の結晶方位を観察するための必須の機能をすべて提供いたします。しかしMamboは方位データを解析するだけでなく、ミスオリエンテーションの研究にも使用することができます。サンプル中の全てのバウンダリに関連付けされた回転角度は試料中かまたは結晶座標中にプロットされます。したがって特別なバウンダリの性質を特定するために役立ちます。

All displays in Mambo can be contoured using advanced contouring algorithms, providing density and contoured displays as required. Mamboは極点図、または逆極点図でEBSDデータを観察するための完璧なツールです。

主な機能

  • Pole figures and inverse pole figures for all 11 Laue groups
  • Unlimited data size
  • Display of misorientation axes with respect to sample coordinate system as well as crystal coordinate system
  • (axis/angle pair analysis)
  • View data as scattered data points, density and/or contour lines
  • Stereographic & equal area projection
  • Pole plots display
  • Kearns factor (f-factor) calculation
  • Advanced subset selection based on specific orientations
  • Graphic export facility in many formats