良品質データ収集することは、完全なEBSD分析の第一歩です。 HKL CHANNEL5システムは、様々な形式のデータを総合的に処理するツールを提供します。

それぞれのソフトウェアは別のタスクとして実行されますが、データマネジメントモジュール Project Manager を通して接続されます。

 

 

Orientation map display and manipulation software - Tango

Tangoは方位マップを生成する目的の洗練されたソフトウェアです。Tangoの柔軟さはたくさんの方法でそれぞれのマップを表示し、ユーザーにとって重要などんな情報でも抽出します。それはグレインサイズやテクスチャーデータ、バウンダリ特性、相分布、そして再結晶化率などが含まれます。

EBSDマッピングデータを表示するこれまでの方法は、拡張可能なマップコンポーネントライブラリによって補完されます。: たくさんのライブラリが標準で供給されますが、ユーザーデータに特化したコンポーネントを定義しなければならない場合、Tangoはそれらを作成する機能を提供します。

主要な機能:

  • Unlimited map size
  • ノイズ低減機能
  • 個別にマップコンポーネントを重ねることにより、マップの作成をカスタマイズ
  • グレインサイズ解析(リニア切片、グレイン面積、直径、楕円形フィット)
  • マップ中の直線方向に沿ったミスオリエンテーションプロファイル
  • マップ機能をベースとしたサブセットの選択(例:面積、特定のグレインサイズ、Taylor Factorレンジ等)
  • すべてのマップコンポーネントにヒストグラムと共に凡例表示
  • 様々なフォーマットでデータと図をエクスポート
  • 拡張可能なマップコンポーネントのライブラリ以下の機能を含んでいます:
    • パターン品質、パターンのミスフィット
    • 方位の色づけ (Euler angle, "unit-triangle", RF-vector)
    • ユーザー定義可能なテクスチャーコンポーネント
    • Strain contouring component
    • Open map component (via DLL)
    • グレインとサブグレインの教会
    • CSL and special boundaries
    • 相の境界
    • 相の縁取り
    • Deformed / recrystallized fraction component
    • Schmid and Taylor factor
    • EDSカウント表示

 

 

Pole figure and inverse pole figure software - Mambo

試料の物理的特性は、特定の結晶方位の配列に依存しています。これを観察する簡単な方法の一つは極点図または逆極点図を使うことです。

Mamboは極点図作成プログラムであり、EBSDで解析されたサンプル中の結晶方位を観察するための必須の機能をすべて提供いたします。しかしMamboは方位データを解析するだけでなく、ミスオリエンテーションの研究にも使用することができます。サンプル中の全てのバウンダリに関連付けされた回転角度は試料中かまたは結晶座標中にプロットされます。したがって特別なバウンダリの性質を特定するために役立ちます。

All displays in Mambo can be contoured using advanced contouring algorithms, providing density and contoured displays as required. Mamboは極点図、または逆極点図でEBSDデータを観察するための完璧なツールです。

主な機能

  • Pole figures and inverse pole figures for all 11 Laue groups
  • Unlimited data size
  • Display of misorientation axes with respect to sample coordinate system as well as crystal coordinate system
  • (axis/angle pair analysis)
  • View data as scattered data points, density and/or contour lines
  • Stereographic & equal area projection
  • Pole plots display
  • Kearns factor (f-factor) calculation
  • Advanced subset selection based on specific orientations
  • Graphic export facility in many formats

 

ODF and MODF calculation and display software - Salsa

極点図だけでは不十分な場合があります。方位分布関(ODF)の数学的計算は、試料中のテクスチャーを完全に説明します。

Salsaはいくつかの標準方法を使ってODFを計算し、結果の簡単な解釈に必要な表示オプションを提供します。

Whether you require 3-D plots of the complete Euler space, serial sections or even single density profiles, Salsa provides you with the necessary tools. And, as misorientations and orientations are mathematically equivalent, Salsa also calculates misorientation distribution functions (MODFs).

主な機能
Display of EBSD orientation data in Euler space, as orientations (ODF) or misorientations (MODF) Unlimited data size

ODF calculation algorithms:

  • Series expansion method
  • Gaussian kernel estimation

Display modes:

  • Scattered data points
  • Density colours
  • Contouring

Viewing options:

  • 3-D animation
  • Serial sections
  • Single section browser
  • Density profiles

Creation and display of any ideal orientation, e.g. Goss or 100 fibre
Advanced subset selection of specific orientations
Data and graphic export facility in many formats

 

Phase creation software - Twist

Before AZtec can index an EBSP, it needs to know which lattice planes in the crystal structure produce the most intense diffraction bands. Although such "reflector files" for many of the most commonly analysed phases are supplied with AZtec, you may sometimes want to collect EBSD data from a "new" phase.
Twist is an easy-to-use software module that allows you to generate reflector files for new phases, regardless of their symmetry, using atomic position data and an advanced kinematical diffraction theory.

Key Specifications:

  • Simple, step by step procedure to create a new reflector file
  • Equivalent atom generation (Wyckoff)
  • Search facility for space group symbols
  • 3D animation of unit cells
  • All 11 Laue and 230 space groups supported
  • Reflector intensity calculations based upon kinematical electron diffraction theory

 

Data Management

Project ManagerはCHANNEL5データ処理ソフトウェアの中心的なハブであり、データの管理と他のソフトウェアモジュール(Tange, Mambo, Salsa)との通信をコントロールします。

However, it is much more than just a data management program, as it provides many other tools for the analysis and display of EBSD data. These range from a 3-D crystal viewer to management of CHANNEL5's unique subset selection facility, all allowing greater flexibility and control during your data processing.

Project ManagerはCHANNEL5システムに標準機能として供給され、以下の主な機能を有しています。:

  • プロジェクトの詳細と統計データの表示
  • 操作と管理のサブセット
  • 自由なデータ出力とインポート機能
  • インタラクティブなミスオリエンテーション(座標/角度ペア)解析
  • ミスオリエンテーション角度分布のヒストグラム表示
  • 選択した方位測定の3-D単位セルの表示

 

関連するプロダクト

img-EBSD-thumb1-278

EBSD分析ソフトウェア AZtecHKL

AZtecHKL EBSD分析ソフトウェアは、SEMやFIB内で動作する結晶方位解析システムで、微細構造評価のための非常に強力なツールです。

EBSD検出器 - NordlysNano

EBSD検出器 - NordlysNano

Nordlys検出器は全てのアプリケーションで世界最高のEBSD分析能力を発揮します。NordlysNanoは高い空間分解能分析を実現する最高の感度を発揮します。

EBSD2

AZtecSynergy

AZtecSynergyはリアルタイムでのEBSD-EDS同時データ収集・解析を可能にします。