AZtecHKLはたくさんのインテリジェントなEBSD収集ツールを内蔵し、データ収集を早く、簡単に、より良くします。

 

このセクションのトピック

 

AutoCal
クリックするだけで収集条件を変更しても、高品質なEBSDパターン品質を収集します。
 

  • 様々なワーキングディスタンスと検出器挿入距離で、キャリブレーションなしに定期的にデータ収集します。
  • AutoCalはシームレスに自動で計算を行う、洗練された幾何学的補正です。
  • 低倍率におけるビームの移動に伴って生じる投影パラメータの変化を補正します。
  • どんな方でも、簡単・迅速に設定できます。

AZtecHKLは収集条件の変化を自動でリアルタイムに補正します。

データ収集のためのシステム最適化は、これまでのどのシステムよりも簡単で自動化されています。

  • 自動化された検出器露光時間
  • インテリジェントなダイナミックバックグラウンド
  • ユーザーインターフェイスから検出器制御
  • SEM条件(kV、プローブ電流、倍率、ステージ傾斜)の変化に対して再キャリブレーショの必要なく、正しく解析されるよう最適化されたEBSPを収集します。

AutoLock
 

  • AZtecAutoLockはEBSDとEDSデータを同時に補正する、内蔵されたドリフト補正機能で、最も正確なマップを提供します。
  • 予測型と反応型のドリフト補正ルーチンを組み合わせた特長ある機能
  • 突発的な試料移動にも対応
  • 高倍率のナノスケールEBSDに必須

Image Registration

全AZtec収集画像を試料ナビゲーションと再配置に使用可能です。- 異なる電子顕微鏡でも

  • AZtecは電子顕微鏡のステージをコントロールし、分析点に再移動できます。
  • 収集した画像やマップは自動で 登録され、以前の分析領域に 簡単に再移動できます。
  • 各種画像でもナビゲーションに使用できます。 例. EBSDマップを分析領域へナビゲート
  • 手動で画像を登録して、試料の特定の領域を、 後日または別の電子顕微鏡でさらに分析できる ようになります。