業界標準に対応した粒子解析

鉱物自動解析*

業界で最も先進的でコスト効率の良い自動鉱物解析システム

  • 包埋粒子試料と岩石の研磨断面の自動解析
  • 鉱物リベレーション、モード分析、相の会合状態の計測
  • 相の組成のレポートと分析結果の比較
  • 様々な鉱石タイプに対応した分析設定

* 現在モジュールは INCAMineral で使用できます。

拳銃残さ解析*

GSRは法科学と拳銃残さ解析のための専用モジュールです。ASTM 1588e1に従った粒子クラス分けとレポートが可能です。

  • 全弾薬タイプのクラス分け
  • 拳銃残さ粒子の正確な識別
  • システムキャリブレーションと再現性のある分析のための標準試料

* 現在モジュールは INCAGSR で使用できます。


金属品質解析

鉄鋼、タイヤコード、粉末冶金等中の介在物解析

  • 国際標準に沿った鉄鋼清浄度の計測
  • 複雑な介在物・ストリンガー・クラスターの識別とクラス分け
  • 介在物タイプ、3元相ダイアグラム、プロット等の総合的なレポートの自動作成

応用解析

AZtecナノアナリシスツールのモジュールとのインテグレーションにより、その他の分析法へとシームレスに移行させることができます。

例えば、特に注目する粒子が自動分析で検出された場合、ステージを移動してX線マップやEBSDマップ収集を行なうことができます。AZtecの先進的な機能であるTruMapとTruPhaseは、EDSデータのピークオーバーラップやバックグラウンドの変動を補正し、EBSDとEDSの組み合わせにより結晶相を明らかにします。

インテグレーションシステムは下記の分析が可能になります:

  • AZtecFeatureによる試料のスクリーニング
  • 他の分析法による特定粒子の再解析
  • 粒子解析との組み合わせ
    • X線マッピング
    • TruMap - バックグラウンドとピークオーバーラップの除去
  • ピークオーバーラップや元素プロファイルによるより詳細なスペクトル解析
  • 膜厚 (LayerProbe)
  • EBSD解析
  • TruPhase - X線とEBSDを組み合わせた結晶相の同定