ベクトル回転マグネットは様々なモードがあります。



  • 単軸モードは、垂直または水平方向で最大磁場を提供します:たとえば、9/1/1 3次元ベクトル回転マグネット(z軸に9T垂直ソレノイド、x軸とy軸のそれぞれに1T水平スプリットペアマグネット)は、9 Tの最大磁場を垂直方向に、1Tの磁場を水平方向に出力します。

 
複合モードでは、磁場ベクトルは主軸から小さな角度変化であれば調節可能です。

  • 2次元ベクトル回転マグネットは、簡略さを追及しています:たとえば、9/1/1マグネットは7Tの磁場で±2.5°まで傾斜可能です。上記の2次元マグネットにより、傾きはzx平面に限定されます。

 

  • 球面や平面上での磁場ベクトルの完全な回転が可能です:たとえば、9/1/1マグネットは1 Tの磁場で完全な360°球回転が可能です。上記の2次元マグネットにより、傾きはzx平面に限定されます。