下図は、VTIで実行されているHelioxVTのはたらきの概略を表しています。HelioxVTインサートは温度可変インサートのサンプルロッドのよ うに扱うことができます。一度ロードされると、インサートは交換ガスを使用して300Kから10K付近までVTIによって冷却されます。インサートの上に ある小ダンプ内のヘリウム3ガスは、1.5K付近で凝縮されます。ヘリウム3ポットが、安定した温度に達し、凝結が完了すると、吸着ポンプはヘリウム3ポットを冷やし始めます。300mK以下で実験のセットアップが完了されます。凝結と冷却はおおよそ1時間以内に完了します。
 

HelioxVT-operating-principle-(1).jpg
オックスフォードは、EDS分析システム「AZtecEnergy」、「INCAEnergy」、WDS分析システム「INCAWave」、EBSD分析システム「AZtecHKL」の計4種類の装置講習会を下記の内容にて開催いたします。2日… https://t.co/B6SWcPMELw
10:46 午後 - 26 3 18
さらにTweetを見る