サンプルをロードするにあたり、プローブは、真空ロック装置を介して、電子サービスや試料ポジショニング機構と共に、ヘリウム同位体混合物位置にまで下げられます。これは、混合物を凝縮する、あるいは、循環するのとともに行えます。 ミキシングチャンバーのテールは非金属管と同心円構造をなしており、外側の管がミキシングチャンバーのベッセルの役割を果たします。 内側の管は、温度勾配をなくし、サンプル領域の周りにヘリウム原子混合物のフローを促進します。冷凍機には、最適基準温度における動作のために、連続熱交換器やたくさんの焼結銀熱交換器が装備されています。非金属テールの構造は、ミキシングチャンバー全体が高磁場マグネットの穴の中に挿入できるようになっています。 一般的に、2T/minまでの磁場スイープでは、ミクスチャーの温度は影響を受けません。