KelvinoxMXは、3つの主要コンポーネントから構成されています。

  • プライマリインサート:交換可能な実験インサートの適合する50mmの視線のアクセスを提供します。1.5 Kまでの冷却は、He4の連続流によって提供されますが、マイクロフォニック雑音の発生を最小限に抑える革新的な延伸1 Kコンデンサーの設計によって達成しました。希釈冷凍機を安全に取り外し、交換することを可能にするスライディングシールにより、ヘリウム損失を最小限に抑えながら、迅速に実験を転換することが実現されています。
  • 希釈ユニット::希釈ユニットには4つの選択肢があります。MX100 - 100μW、MX250 - 250μW、MX400 - 400μW、のパワーを提供しています。
  • 実験インサート: 
    基本
    - インナー真空缶(IVC)へ6 mmの視線があります。
    高周波数 - 半硬質で柔軟な同軸線を装備しています。高周波アプリケーション(<20GHz帯)に最適です。また、ミキシングチャンバー位置に24本のワイヤ織機が装備されています。
    回転子:このインサートは、高周波モデルと同様のサービスが装備されています。また、回転機、スウェーデン回転子も(手動または自動)も提供されています。
    汎用性::これはお客様の実験をカスタマイズする理想のプラットフォームです。実験的なアクセスとしては、ミキシングチャンバーへの直径15mmの視線ポートとIVCへの3×8ミリメートル直径の視線ポートがあります。これらはNM25/16フランジによって室温まで接続されています。
    Dipper:ディッパー:これは多彩なインサートに適合し、輸送デュワーやIntegra™システムデュワーのいずれかの液体ヘリウムに直接浸漬することにより、KelvinoxMXとは独立に冷却することができます。.

KelvinoxIGHを使用した希釈冷凍機の自動化と制御 - インテリジェントガスハンドリングシステム:

KelvinoxIGH は、洗練されたソフトウェアやナショナルインスツルメンツ社のLabVIEWTM用バーチャル計測器ドライバを使用して、希釈冷凍機の完全な動作を可能にする完全に自動化されたシステムであり、いかなるシステムもKelvinoxIGHを用いて実行することができます。

オプション:

  • EX100基本的な実験用インサート
  • EX200: 高周波実験用インサート
  • EX300: 手動 回転子実験用インサート
  • EX310:自動; 回転子実験用インサート
  • EX400:多目的実験用インサート
  • LE100:LECSH 低渦電流試料ホルダ
  • CS100:ROTH1、30点の較正済みRuO2センサー(50mKまで)
  • CS200:ROTH2、汎用較正用RuO2センサー
  • RB100:RFフィルタ、ケーブル、IEEEインターフェイス付きAVS47抵抗ブリッジ
  • TS530:AVS47抵抗ブリッジ用温度コントローラ
  • IPC:ISOBUS Picobusコンバータ
  • VB100:EX400インサート用バケットIVC
  • VM100:EX400インサート用マグネットIVC
  • VS100:EX400インサート用アダプタ・バッフル
  • VI100:EX400インサート用のISO-Kアダプタt
  • HTC:ヘリウムコールドトラップ
  • トランスファーチューブ
  • HE3F:ヘリウム3流量計
  • BK100:バケットIVC
  • VIN:ポンピングラインの弁

    ヘリウムコスト上昇へのソリューション:

    KelvinoxMXは液体ヘリウム再凝縮クライオスタットであるIntegraACと互換性があります。

    この製品は、逃げて行ってしまうはずのヘリウムをシステム内部で再凝縮し、液体ヘリウムの消費を著しく減らすことに成功しました。そのため、液体ヘリウムの補充回数を減らすことができます。スタンバイの状態でも、極低温システムを冷えたまま保つことができ、実験時間をより自由に選ぶことができます。