信号制御のための高速パルスシーケンスは、現代物理学の多くの分野で必要であり、同時に高い帯域幅に対応する配線が必要となる。GHzの周波数域で作業する場合、バックグラウンドの黒体放射もGHz帯ではたらくため、試料に信号が届くまでの間でフィルタリングを行うことが重要である。 当社は、多くのお客様の方々と共に信号減衰器や外部ヒートシンクにより試料やデバイスの電子温度を最低化する高周波配線オプションを開発しました。

  • 40 GHzまでの周波数のセミリジッド同軸ケーブル
  • 全温度プレートにおける外部コンダクターのヒートシンク
  • 内部コンダクターのヒートシンクや減衰器を使用した黒体放射のフィルタリング