ソフトウェアコントロール

Tritionシステムは、ソフトウェアコントロールが可能です。システム冷却の自動運転、温度・磁場のシークエンスプログラミング機能がついています。

自動運転:
  • 完全自動運転による冷却・昇温
  • 完全自動運転によるプレクーリング/混合ガス回収
  • ロードロック機構によるサンプル交換
  • 超電導マグネットの磁場コントロール、ベクターマグネットのコントロールもございます。

計測コントロール:

  • 温度・磁場のプログラムコントロール
  • LabVIEW VIライブラリ
  • 希釈冷凍機/超電導マグネットの組み合わせシステムのコントロール

組み込みの安全制御: 

  • 各部の圧力モニタリング
  • セーフモード
  • 内部圧力の異常の際の混合ガスの放出防止と希釈冷凍機へのダメージ防止
  • UPSオプション - 停電の際の自動警告メール
  • 磁場スイープ、高温での温度コントロール、サンプルローディングの際のマグネット温度のモニター
  • 停電、パルスチューブ異常、冷却ステージの異常な温度上昇時の自動磁場消磁

サポート体制:

  • 詳細なマニュアル
  • 経験豊富な技術スタッフによるサポート
  • 無償のソフトウェアアップデート
  • 工場での出荷前検査時のログデータの保管

Tritionプログラミングコマンド:

  • TCP/IPプロトコル
  • 様々なプログラミング言語に対応, LabVIEW / Matlab / Python / C / C++ / C# / Visual Basic / HP VEE, etc.
  • セキュリティ対策として、アクセスレベルのコントロールが可能(read only/ read wirte 等)