ヒートパイプ

ヒートパイプ機能により冷却時間を少なくとも30%短くできます(12T以上のマグネット )。この特許取得技術であるヒートパイプ技術により、パルスチューブのファーストステージを使用してマグネットを冷却し、冷却時間短縮が可能となりまし た。このオプションは、自動化されており、追加のコントローラー、ソフト、人為的な追加操作は不要です。実際の冷却時間は、マグネットのタイプによります ので、詳細に関しましては担当へお問い合わせください。


ヒーター

10 mK から300 K迄の昇温時間は、約4時間です。. マグネットがある場合、標準的な昇温時間は、12~15時間長くなります。ここで使われているハイパワーヒーターは、4つのプレートに設置され、 MercuryiTC温度コントローラーにからコントロールできます。昇温時間を劇的に短くすることができます。自動で運転可能で、サンプルに吸着される 可能性のある窒素ガスの使用が不要です。