伝統的な低温挿入では、流量を調節するためのニードルバルブを通して、He4ポット上で1Kステージポンピングを用いることにより、ヘリウム3またはヘリウム同位体混合物の圧縮を行います。1Kステージは、極低温システム内で使用可能な液体ヘリウムの貯蔵量に依存します。液体寒剤の使用を避けるには新しい凝縮メカニズムが必要です。高圧で凝縮を行うことにより、より高い凝縮温度が可能で、低温インサートをPTRsの動作範囲程の低温にまで冷却することが可能です。

Triton希釈冷凍機は、効率的な熱交換のためのポンプライン内のジュールトムソン弁を使用し、戻ってくるHe3混合物を凝縮します。