OptistatDN-V2は非常に使いやすいです。液体窒素貯蔵容器は、中央サンプル管の上部を囲み、キャピラリーチューブを介して熱交換器に液体窒素を供給します。動作時には、液体窒素の重力供給フローはクライオスタット天板上、排気ラインの弁によって制御されます。

真空システムでは、試料空間が排気され、サンプルホルダーは、熱交換器上に直接配置されます。効率的な試料冷却は、サンプルホルダと熱交換器との間の良好な熱的接触によって達成されます。サンプルの交換時には、クライオスタットを室温に温め、真空が解除され、外側のケースが取り除かれる必要があります。