紫外/可視分光:低温での実験では、電子のエネルギーレベルと固体中の振動モード間の相互作用を明らかにします。

赤外分光:低温赤外分光は、原子間の振動モードの変化だけでなく、超電導体のエネルギーギャップのような他の現象の測定をするために使用されます。

ラマン分光:低温では、観測されるラマン励起に関連したより狭いラインとなります。

フォトルミネッセンス:低温でのスペクトルの特長は、よりシャープでより強いため、入手可能な情報量を増加させることができます。

ガス吸着:当社はautosorb-iQのガス収着分析器に合うようにQuantachromeの製品と提携して特別なクライオスタットを開発しました。

ケーススタディ:

Dr Ken Haenen と Prof Jean Manca (ベルギーディーペンベーク - リンブルグ大学)はOptistatDNをFTIR分光計と組み合わせて使用し、フーリエ変換光伝導分光FTPSを実行しています。 FTPSは、新奇電子工学、バイオ電子工学への用途に適した材料である共役系高分子、CVD-ダイヤモンド薄膜のような低光吸収物質用の高感度光電流測定です。