• 変動磁場下でのフォトルミネッセンスやラマン散乱などの顕微鏡光学測定。量子ドット/ワイヤ/井戸およびナノ構造半導体デバイスなどの微細構造の研究
  • 超電導物質のフラックスの可視化。5Tの磁場により、強い磁束ピン止めを持つ材料を含む、様々な試料の研究まで範囲を拡張
  • ナノスケールサンプル、量子デバイスやナノデバイスのために非常に小さな電流を用いて電気的輸送測定
  • 磁気拘束性材料の形状変化の測定
オックスフォードは、EDS分析システム「AZtecEnergy」、「INCAEnergy」、WDS分析システム「INCAWave」、EBSD分析システム「AZtecHKL」の計4種類の装置講習会を下記の内容にて開催いたします。2日… https://t.co/B6SWcPMELw
10:46 午後 - 26 3 18
さらにTweetを見る