当社のマグネット付き顕微鏡クライオスタット - MicrostatMO2は、極低温環境(6 K)、磁場下(最大5 T)での高感度な光学的および電気的な測定のための理想的な環境を提供するコンパクトで安定した光学クライオスタットです。

単一クライオスタットの利点は以下の通りです。

  • 6 K から 300 Kまでの幅広い試料温度域
  • 最大 5 Tの磁場、分光アプリケーションの大部分を可能
  • 低振動・低ドリフト: 典型的に20 nm以下
  • 低い試料振動: 典型的に20 nm以下
  • 高倍率光学系を可能にする8.5㎜の短い作動距離
  • 実験を柔軟にセットアップでき、水平方向または垂直方向に配向
  • クライオスタットのトッププレート上の光学コンポーネントを簡単に統合できるよう設計
  • 反射および透過測定の両方に使用
  • 最小限のダウンタイム: 300 Kでの優れた操作を含む便利な連続運転
  • 取り外し可能な試料ホルダーを使用したクイック試料交換。2つのオプションが選択可能:より低い最低温度を得るための銅試料プラットフォーム、あるいは透過光測定のためのサファイアプラットフォームから選択
  • システムは加圧液体ヘリウムデュワーを用いて冷却でき、振動が最も小さいため、便利な操作
  • ベンチにクライオスタットを固定するための取り付け金具がついており、トランスファーチューブからの振動を低減

  エレクトロニクスMercuryiTC温度コントローラMercuryiPS電源の新製品が付属しています。

仕様

試料位置での最大磁場 5T
永続モード(スイッチを含む)での磁場の安定性 0.01 %/hr
磁場均一性 直径5mmの球上で2パーセント
最大磁場掃引速度 1.0 T/min
サンプル用熱交換器の温度域 加圧LHe貯蔵デュワーを用いて6Kから300K(注1を参照)
RV12ポンプ(オプション)で6 Kを達成
取り外し可能な銅サンプルホルダーの温度域(標準) 加圧液体ヘリウム貯蔵デュワーを用いて7 Kから300 K(注1を参照)
RV12ポンプ(オプション)で6 Kを達成
温度安定性 ±0.1 Kを10分以上
室温から6Kまでの典型的冷却時間 4 hours
6Kでの典型的な液体ヘリウム消費量 2 litres per hour
一日の液体ヘリウム消費量 10時間の運転に加え、二度の試料交換で25リットル

注1:液体ヘリウムデュワーの加圧は、お客様の責任で、実験室での安全規制で許可されていることをチェックしてください。

システムコンポーネント/オプション

完全なMicrostatMO2システムの構成要素は次のとおり

  • MicrostatMO2高分解能磁気光学クライオスタット
  • サンプルホルダー
  • LLT600低損失液体ヘリウムトランスファーチューブ
  • MERCURYiTCインテリジェント極極低温環境コントローラ
  • MERCURYiPS電マグネット用電源
  • ガスフローポンプ(オプション)

MicrostatMO2は、オックスフォード・インストゥルメンツの分光用および
光学クライオスタット製品の標準的な付属品を使用しています。

窓オプション

  • 標準的にMicrostatMO2は15mmのアパーチャーを持つ厚さ0.5mmのSpectrosil WFの上部窓アセンブリが付属しています。
  • ご要望にお応えして、他の窓材料の多くがご利用いただけます。

サンプルホルダオプション

  • 最も低い最低温度の実現のために、標準的な銅試料プラットフォームが利用できます。
  • 光透過測定用にオプションでサファイア窓試料プラットフォームが利用できます。

ガス流ポンプとコントローラ

  • MicrostatMO2は加圧液体ヘリウムデュワーを使用して最も効率よく冷却することができます。( "プッシュモード")
  • 最も低い最低温度の実現のためにオプションでポンプを選択できます。("プルモード")

光学ベンチのマウント

  • MicrostatMO2は非磁性光学ベンチに取り付け金具を用いて直接装着できるような仕様になっています。
  • オプションのスタンドオフパイラ―は標準(磁気)光学ベンチ上にMicrostatMO2をマウントするために利用可能で、磁場下での安全で確実な動作を保証します。

統合

MicrostatMO2光学顕微鏡システムの構成は、具体的な実験の用途によってかなり異なりますが、オックスフォード・インストゥルメンツはMicrostatMO2の光学利 用のためのインターフェイス用コンポーネントを選択するための案内を提供しています。これは特に、コンポーネントがMicrostatMO2による磁場に 隣接している際に問題となります。このような場合には、コンポーネントの働きが、安全かつ信頼できるためには、零磁場、あるいは、無視できる程度の磁場中 にコンポーネントがおかれる必要があります。
オックスフォード・インストゥルメンツナノサイエンスは、全光学系の性能に対して責任と信頼性を持つことはできませんが、以下のコンポーネントから適した物を選ぶことができます。

アプリケーション

  • 変動磁場下でのフォトルミネッセンスやラマン散乱などの顕微鏡光学測定。量子ドット/ワイヤ/井戸およびナノ構造半導体デバイスなどの微細構造の研究
  • 超電導物質のフラックスの可視化。5Tの磁場により、強い磁束ピン止めを持つ材料を含む、様々な試料の研究まで範囲を拡張
  • ナノスケールサンプル、量子デバイスやナノデバイスのために非常に小さな電流を用いて電気的輸送測定
  • 磁気拘束性材料の形状変化の測定

ダウンロード&詳細情報

当社のMicrostat製品のガイドをダウンロードするには ここをクリック

プロダクト・サポート

専用スペアとアクセサリー

専用スペアとアクセサリー

専用スペアとアクセサリー

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェアダウンロード

Mercuryサポート

Mercuryサポート

Mercuryサポート