貯蔵デュワーからトランスファーチューブを介して熱交換器にヘリウムを引くためのオイルフリーポンプを用いた交換ガス方式で SpectrostatNMRは動作します。温度制御は手動でのヘリウムフローの制御と電子ヒーター内でのエネルギー散逸のバランスを取ることにより温度制御器での微調整を経ながら行います。

SpectrostatNMR はまた、冷媒として液体窒素(LN2)を用いて80 Kまでの測定が可能です。