NMRマグネットの内側で使用される場合、核磁気共鳴実験のための設計となります。

固体NMRでは、分子内再配列の研究や、反応性中間体の研究における化学反応プロセスを遅くするために温度可変は有用です。

SpectrostatNMR も磁気抵抗やカー効果測定のための電マグネットに取付けることができます。