光学顕微鏡および分光測定のための特別な細いテールを持つ、液体ヘリウム冷却真空ローディング連続フロー(CF)クライオスタットです

  • 小さな作動範囲
  • 2.2-500 Kの温度域
  • 直交する2方向での光アクセス
  • 電マグネットとの統合
  • 全方向での操作

MicrostatHe2 Rectangular Tailのコア ""コールドユニット "" であるMicrostatHe2とOptistatCF-Vは、取り換え可能です。そのため、外側部分のみを交換することで、様々な実験セットアップのための光学クライオスタットのモジューラー・セットを可能にします。

仕様


 
光学仕様 Window thickness 1.0 mm
C透明アクセス径  20 mm
窓上面のサンプルホルダー 8 mm
Aアドミタンス角(サンプルホルダー中央の表面に)
holder at centre)
110o
最大試料厚み 4 mm
最大試料径 20 mm

 

システムオプション

  • 様々な窓材をMicrostatHe2 Rectangular Tailに取り付けることができます - ダウンロードとリンクの "光学クライオスタット用窓のガイド"を参照してください。
  • 標準として、テールはSpectrosil Bの窓を備えた4つの光学アクセスポートシステムを持っています。
  • 追加または交換用の窓は Oxford Instruments Direct - Cryospares®・オンライン・カタログを通して購入可能です。

ポンプのオプション

  • シンプルな構造を持つGF4オイルフリーベーンポンプは、3.2 Kまで動作可能です。
  • 2.2 Kの低温まで使用可能な単ステージEPS40ロータリーポンプがあります。

温度コントローラ

  • MercuryiTC は情報処理機能を持つ極極低温環境コントローラです。

トランスファーチューブ

  • ヘリウムの消費を最低にするよう、低損失LHeトランスファーチューブである、LLT600またはLLT700をお選びください。-4.2 K未満で0.45リットル/時間という低消費量です!
  • ヘリウム流量調節とヘリウム消費量の最適化を自動的に行うための自動ニードルバルブをLLTに取り付けることができます。

ソフトウェア制御l

  • Oxford Instruments electronicsの製品は、RS232、ISOBUS、GPIBインタフェースを使用することで、OxSoftソフトウェアによる制御が可能です。
  • LabVIEWバーチャル計測器は、Oxford Instruments electronicsの製品による完全なPCベースでの制御および監視を可能にします。これらは完全LabVIEWデータ集録システムに統合することができます。

操作

貯蔵デュワーからトランスファーチューブを介して熱交換器(”プルモード”)にヘリウムを引くためのオイルフリーポンプを用いた交換ガス方式でMicrostatHe2 Rectangular Tailは動作します。 温度制御は手動でのヘリウムフローの制御と電子ヒーター内でのエネルギー散逸のバランスを取ることにより温度制御器での微調整を経ながら行います。

本クライオスタットはまた、”プッシュモード”での使用も可能です。本モードでは貯蔵デュワ―に圧力を印加することにより液体ヘリウムのフローを生み出します。この利点として、ガスフローポンプが必要なくなり、コストを削減し、ポンプによる騒音、振動を排除できる点が挙げられます。

新しいアクセサリー

  • 新しいトランスファーチューブ- これはヘリウム冷却式クライオスタットの全体的なヘリウム消費量と最低温度性能について重要な役割を果たします。

    オックスフォード・インストゥルメンツの低損失トランスファーチューブ(LLT)では、トランスファーチューブを通る液体ヘリウムを覆うシールドの冷却に、クライオスタットから逃げ出た冷却ガスを用いています。その結果、当社のクライオスタットのヘリウム消費量は劇的に低減し、市場でも最も低いです。

    当社はまた、ラボ内の限られた空間での使用のために、特別な柔らかいトランスファーチューブもご用意しております。但し、この製品は、ガス冷却機構を用いておらず、LLTの場合よりヘリウム消費量が大きくなりますことあらかじめご了承ください。しかし、本製品は、軽量でより柔軟なトランスファーチューブを必要とするお客様に適したモデルとなっております。
  • 新たなガスフローコントローラ新しいVC-U ガスフローコントローラは標準として窒素およびヘリウムの流量計を備えています。
  • 新しいインテリジェント極極低温環境コントローラ - 試料ステージの簡単なモニタリングと制御が可能です。MercuryiTCコントローラは熱交換器での温度制御やガス流量制御、更に、試料ステージでの直接的検温測定用の特別なセンサーチャネルを可能とするよう、幾つかの装置をひとまとめにしております。すべての装置は、タッチスクリーンフロントパネルを通じて制御可能です。また、LabVIEWと互換性のあるOxsoft IDKのソフトウェアを介して遠隔操作することもできます。

    例 MicrostatHe2:あなたは熱交換器のセンサーとヒーターで温度を制御ができ、ヘリウムガスフローのモニタリングと制御もできます。また、特別なセンサーを付けて試料温度を測定することもできます。
  • 新しいマグネット用電源 - クラス最高の安定性能で、精度の高さとノイズの低さを最適化しています。
  • 新しいOxsoft IDK機器開発キット用ソフトウェア - 新しいOxsoftのIDKを使用することで、より高いレベルでの制御が可能です。また、プログラムの遠隔制御および構成を行ったり、お客様のシステムをお好みの実験制御アーキテクチャに統合することができます。

ダウンロード&詳細情報

当社のMicrostat製品のガイドをダウンロードするには ここをクリック

プロダクト・サポート

専用スペアとアクセサリー

専用スペアとアクセサリー

専用スペアとアクセサリー

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェアダウンロード

Mercuryサポート

Mercuryサポート

Mercuryサポート