紫外/可視分光:低温での実験では、電子のエネルギーレベルと固体中の振動モード間の相互作用を明らかにします。

赤外分光:低温赤外分光は、原子間の振動モードの変化だけでなく、超電導体のエネルギーギャップのような他の現象の測定をするために使用されます。

ラマン分光:低温では、観測されるラマン励起に関連したより狭いラインとなります。

フォトルミネッセンス:低温でのスペクトルの特長は、よりシャープでより強いため、入手可能な情報量を増加させることができます。

ケーススタディ:

アイントホーフェン大学(オランダ)のDr Martin Kemerink と Mr Hans GommansはOptistatCF-V2を用いてプラスチック太陽電池のIV特性とアドミッタンス分光の研究を行っております。より具体的には、伝導の物理的起源を突き止めるために、様々な温度で凝縮系有機物質での電子と正孔の移動度を決定することが彼らの目的です。