紫外/可視分光:低温での実験では、電子のエネルギーレベルと固体中の振動モード間の相互作用を明らかにします。

赤外分光:低温赤外分光は、原子間の振動モードの変化だけでなく、超電導体のエネルギーギャップのような他の現象の測定をするために使用されます。

ラマン分光:低温では、観測されるラマン励起に関連したより狭いラインとなります。

フォトルミネッセンス:低温でのスペクトルの特長は、よりシャープでより強いため、入手可能な情報量を増加させることができます。 .

ケーススタディ:フォトニクス研究所(グラスゴー)のDr Handong Sun は、OptistatCF2を使用し、III-V族半導体および関連したナノ構造の希薄窒化物のフォトルミネッセンス(PL)およびPL励起(PLE)スペクトル実験を5Kから300Kで行っています。 この興味深い材料系の電子状態とPLメカニズムを解明することを目的としています。