Helium cryostat 4K sample in exchange gas OptistatCF2 ヘリウムクライオスタット4K、試料位置はガス交換式であるOptistatCF2は、交換ガス方式のヘリウムクライオスタットです。試料は交換ガス中であるので、試料から多くの情報量が必要で、低導電率の試料を用いた実験に適しています。
 

  • 広い温度域
  • トップローディング式サンプルプローブを介した5分以内の高速試料
  • 交換集光を必要とする測定のための優れた光アクセス
  • 最適化された明確なビームスループット(直径15mmの開口部)のため、低強度光検出などの測定用に大型照射領域を設けることができる
  • 市場で最も経済的な寒剤の使用:低損失トランスファーチューブを使用して、4.2Kで0.55リットル/時間未満
  • 汎用性:液体サンプル用液体キュベットと正確な高さ調整/回転サンプルロッドを含む様々なサンプルホルダー/ロッド
  • 商業用分析計への容易な統合を可能にするコンパクトサイズ
  • 熱交換器や有線同軸コネクタへ配線した10ピン給電線を介した電気測定
  • プルモード(ガスフローポンプを使用し、貯蔵デュワーから試料空間にヘリウムを引く)で操作可能あるいはプッシュモード(ストレージデュワーを加圧することによる)で操作可能
  • 2つのモデルから選択できます:静的または動的交換ガス

仕様

モデル OptistatCF2 static used in 'pull' mode OptistatCF2 static used in 'push' mode OptistatCF2 dynamic in 'pull' mode OptistatCF2 dynamic used in 'push' mode
温度範囲 2.3 - 500 K* 4.2 - 500 K* 2.3 - 500 K*
1.6 - 500 K* in single shot
4.2 - 500 K*
温度安定性 ± 0.1 K (measured over 10 min period)
最大サンプルスペース 20 mm diameter
サンプルホルダディメンション 19 mm wide x 30 mm long (optical sample holder version has a 15 mm aperture)
周囲から4.2Kへの冷却時間 (mins) 35
 

 

システムコンポーネンツ/オプション

代表的なシステムの構成

  • OptistatCFヘリウムクライオスタット
  • サンプルホルダーとロッド
  • 最大5セットのウィンドウ (4ラジアル; 1アキシャル). 各セットに3つのウィンドウ (インナー、ラジエーションシールドとアウターケースウィンドウ)
  • 寒剤の移送用チューブ
  • New Mercury iTC temperature controller
  • 高真空ポンプシステム
  • ヘリウムデュワー

オプションアイテム

  • ガス流ポンプ
  • ガス流コントローラ
  • 全温度範囲に渡って完全に自動化された制御を可能にする自動移送用チューブ
  • 配線やサンプルへの電気的接続
  • 高さ調整や回転できるサンプルロッド: 固定された位置を保持するためにネジをロックしてスライド調整できます。 縦の動きの範囲は32 mmで、位置決め精度は、0.5 mm(高さ)と1度(回転)
  • 正確な高さとサンプルロッドの回転の調整は、10μmの分解能で高さを調整し、12分の分解能で回転角度を設定するゴニオメーターで調整
  • 液体サンプル用の液体キュベット

 サンプル環境オプション

  • OptistatCF とスタティックエクスチェンジガス: 循環寒剤をサンプルに接触しません。. 熱交換器(通常はヘリウム)独立交換ガスを含む試料空間と良好な熱接触します。 サンプルは交換ガスを通じて伝導によって冷却されます。
  • OptistatCF とダイナミックエクスチェンジガス:  循環寒剤をサンプルに接触しません。 このバージョンでは、大規模な低伝導率サンプルか、大きな熱負荷がサンプルに適用された場合にのために推薦します。 またクライオスタットはシングル·ショット·モードで使用することができます。 サンプルスペースは、その後、ヘリウムを充填し、約20分(EPS40ポンプを使用して)1.6 Kの基準温度を可能に圧送されます。
  • あなたは、真空試料環境を必要とする場合は、次にOptistatCF-VのWebページをご覧ください。

ウィンドウオプション

  • 窓材料の広い範囲は、特定の分光用途に合わせてOptistatCFに取り付けることができます。
  • 非平行面と反射防止コーティングを使用した特殊な窓がご利用いただけます。
  • 追加または交換用のウィンドウフランジをOxford Instruments Direct - Cryospares®-オンラインカタログから手に入れることができます。

ポンプオプション

  • 3.4 Kで動作するシンプルなオイルフリーベーンポンプGF4
  • 2.3 Kまでより低い温度では、EPS40シングルステージロータリーポンプが必要。 これは、1.6 Kに動的交換ガスバージョンのベース温度を拡張

移送ライン

  • オックスフォード・インストゥルメンツ低損失移送管(LLT)が移送用チューブ内の着信液体を取り巻くシールドを冷却するクライオスタットを出る冷たいガスを使用してください。
  • またラボでの限られた空間のためにフレキシブル移送用チューブを提供することができます。これはガス冷却機構を使用していないので、ヘリウム消費量はLLTの範囲よりも高くなりますので注意が必要ですが、軽量で、より柔軟な移送管を必要とする人に適しているでしょう。
  • オートニードルバルブは、温度コントローラがヘリウム流量を最適化することができLLTに取り付けることができます。

New OxsoftのIDKの機器開発ソフトウェアキット

  •  新しいOxsoftのIDKを使用すると、コントロールの新しいレベルを持っています。リモートコントロールおよび構成プログラムを設計して、お好みの実験制御アーキテクチャにあなたのシステムを統合することができます。

オペレーション

The OptistatCFは(プルモード)を熱交換器に、移送用チューブに沿って、ストレージデュワーから液体ヘリウムを描画するためにオイルフリーのポンプを使用して、連続流原理で動作します。

寒剤は移送用チューブのニードルバルブによって調節されます。

ポンプからの騒音や振動が望ましくない場合は、液体ヘリウムを貯蔵容器( プッシュモード)を加圧することにより、熱交換器を介してプッシュすることができます。

プルモード動作の利点は、ストレージデュワー圧力が(1気圧のままであるため)、監視する必要がないことである、クライオスタットは、より低い基準温度に達することができるとヘリウムフローの安定性を向上させることができます。

温度制御は温度調節器を用いて調節、電気ヒーター、手動で消費されるヘリウムフロー制御とパワーの組み合わせにより達成されます。温度は、熱交換器に取り付けられたロジウム鉄温度センサによって監視されています。試料位置で温度を監視するために、余分な温度センサは試料位置で取り付けることができます。

サンプルを変更しても、サンプルロッドを取り外す交換ガスの過剰圧力を維持し、サンプルを交換し、クライオスタットに戻し、サンプルロッドを挿入することを含みます。真空断熱を壊したり、クライオスタットをウォームアップする必要はありません。得られたサンプルの変化時間が非常に短く、通常は数分です。

アプリケーション

紫外/可視分光:低温での実験では、電子のエネルギーレベルと固体中の振動モード間の相互作用を明らかにします。

赤外分光:低温赤外分光は、原子間の振動モードの変化だけでなく、超電導体のエネルギーギャップのような他の現象の測定をするために使用されます。

ラマン分光:低温では、観測されるラマン励起に関連したより狭いラインとなります。

フォトルミネッセンス:低温でのスペクトルの特長は、よりシャープでより強いため、入手可能な情報量を増加させることができます。 .

ケーススタディ:フォトニクス研究所(グラスゴー)のDr Handong Sun は、OptistatCF2を使用し、III-V族半導体および関連したナノ構造の希薄窒化物のフォトルミネッセンス(PL)およびPL励起(PLE)スペクトル実験を5Kから300Kで行っています。 この興味深い材料系の電子状態とPLメカニズムを解明することを目的としています。

ダウンロード&詳細情報

当社のOptistat製品のガイドをダウンロードするには ここをクリック

プロダクト・サポート

専用スペアとアクセサリー

専用スペアとアクセサリー

専用スペアとアクセサリー

Mercuryサポート

Mercuryサポート

Mercuryサポート