走査プローブ顕微鏡(SPM)、近接場走査光学顕微鏡(NSOM)、走査トンネル分光(STM)や原子間力顕微鏡(AFM)、等の分光に用いられます。
    ケーススタディ:
    Spectrometrie Physique"研究室(グルノーブル大学/ CNRS / CEA)では、OptistatSXM2により、個々の半導体量子ドットからの単一光子生成に使用されています。単一光子は、量子暗号などの量子情報処理に利用されます。
#顕微鏡学会 弊社のランチョンセミナー大盛況でした。 参加して下さった皆様ありがとうございました。 そして、弊社はより良い製品を皆様に届ける事が出来るよう日々研鑽してまいります。 pic.twitter.com/VKk1wf1Llz
5:39 午前 - 29 5 18
さらにTweetを見る