走査プローブ顕微鏡(SPM)、近接場走査光学顕微鏡(NSOM)、走査トンネル分光(STM)や原子間力顕微鏡(AFM)、等の分光に用いられます。
    ケーススタディ:
    Spectrometrie Physique"研究室(グルノーブル大学/ CNRS / CEA)では、OptistatSXM2により、個々の半導体量子ドットからの単一光子生成に使用されています。単一光子は、量子暗号などの量子情報処理に利用されます。