ESR貯蔵デュワーからトランスファーチューブを介して熱交換器にヘリウムを引くためのオイルフリーポンプを用いた交換ガス方式でESR900とESR910は作動します。 温度制御は手動フロー制御とITC503温度コントローラーを使用して行われます。

ESR900はまた、冷媒として液体窒素を用いて80 Kまでの測定が可能です(ESR910では不可です)。

ESR910には液体ヘリウム用の小さな貯蔵庫が搭載されており、GF4ベーンポンプによって維持されています。第2ベーンポンプやロータリーポンプは、試料スペースへとポンプを行い、最低温度を達成するために使用されます。