トランスファーチューブ
 

トランスファーチューブは、ヘリウム冷却クライオスタットの全体的なヘリウム消費量と最低温度性能において重要な役割を果たします。

オッ クスフォード・インストゥルメンツの低損失トランスファーチューブ(LLT)はクライオスタットのヘリウム消費量を最低にします。当社のLLTでは、トラ ンスファーチューブ内に入ってくる液体ヘリウムを取り巻くシールドを冷却するのに、クライオスタットから出てくる冷却ガスを用いています。その結果、当社 のクライオスタットのヘリウム消費量は最も低く、お客様の実験にかかるコストも劇的に削減されます。

トランスファーチューブには2つの種類があります。

  • LLT600:水平供給型クライオスタット用トランスファーチューブ
  • LLT700:鉛直供給型クライオスタット用トランスファーチューブ

自動ニードルバルブ制御オプション(モデルLLT650とLLT750)も用意されています:このオプションを使用することで、温度コントローラが電動ニードルバルブを駆動できます。その結果、より安定した温度制御と寒剤消費量の低下を実現できます。

プロダクト・サポート

専用スペアとアクセサリー

専用スペアとアクセサリー

専用スペアとアクセサリー

Mercuryサポート

Mercuryサポート

Mercuryサポート