当社のトップローディングクライオスタットVarioxAC-TLは、よく制御された低温試料環境を提供します。試料は静的交換ガスにより冷却され、液体寒剤は不要です。

仕様

  • 動作温度範囲:5 Kから200 Kです。オプションで300 Kまで可能です。
  • 静的交換ガスで試料は冷却されます。
  • 温度安定性:Oxford Instruments ITC controllerを用いて、+ / - 2.5%です(10分間にわたって測定)。
  • IVC(試料スペース)内の交換ガスはRTで50mbarです。
  • 試料スペース:直径35mmです。
  • 熱交換器には、ヒーターと較正済みCernoxセンサーを搭載しています。

システムコンポーネント/オプション

  • 光アクセス
  • クライオスタットにはパルス管クーラーを装着
  • 柔軟な配線
  • コンプレッサー

操作

VarioxAC-TLは、トップローディング式クライオスタットです。そのため、サンプルロッドの下部についた試料ホルダーにサンプルが取り付けられます。ロッドは、ロードロック機構を通してクライオスタット内の試料スペースにロードされます。クライオスタットは試料交換時に温める必要がないため、サンプル交換にはほんの数分しかかかりません。

アプリケーション

  • 中性子散乱やビームライン実験
    VarioxAC-TLは、クライオスタットが遠隔ビームライン実験観測所に位置する、中性子散乱実験などに最適です。 無冷媒技術のおかげで、お客様は、液体ヘリウムの補充のために実験領域へアクセスする必要はありません。
  • 品質管理
    当社は、単結晶シリコンの低温FT-IR分析用に使用されるシステムを出荷してきました。低温下では、自由キャリアの数が非常に小さくなり、試料のIRスペクトルは、各不純物に特長的な吸収帯を示します。また炭素は、2つのフォノンバンドによる透過が2倍に増大し、検出器は多くの情報量を得るため、より低い集光度で測定することができ、S/N比が増大します。

プロダクト・サポート

専用スペアとアクセサリー

専用スペアとアクセサリー

専用スペアとアクセサリー

Mercuryサポート

Mercuryサポート

Mercuryサポート