新製品OptistatTMDry 無冷媒真空サンプル室タイプクライオスタット

 光学電気測定に最適な無冷媒 3Kクライオスタットです。 

OptistatTMDryでは、GM冷凍機を採用しています。無冷媒のクライオスタットで、ヘリウム温度(3K)迄の冷却が可能です。ユーザーフレンドリーなシステムで、

使用方法が簡単でかつ、ランニングコストを低く抑えることができます。

特長:

 

様々なアプリケーションへ対応:

  • 様々な用途の分光測定に使用できます。(UV/VIS, ラマン, FTIR, 発光測定, 電気測定, THz 分光, etc).
  • オプションの架台は、インチサイズ、メートルサイズの両方の除振台へ対応可能です。

アップグレード可能:

  • 実験に合わせて様々なアップグレードが可能です。スタンダードシステムから始めて、電気配線の追加、サンプルホルダーの変更、窓の変更等のアップグレードが可能です。
  • 様々なサンプルホルダー、窓、電気配線のオプションを用意しております。

簡単な操作:

  • テイル部分OVCが切り離し式であり、簡単にサンプル交換ができます。光学系のアラインメントを再調整する必要がありません。
  • 液体ヘリウムを使用しない無冷媒式です。
  • コンプレッサーは、水冷、空冷の両方をご用意しております。

多様な光学測定への適合:

  • 開口角 f/1
  • 窓はOVCのみであり、ラディエーションシールドに窓はありません。窓による光学ロスを極力抑えた設計となっています。
  • 様々な種類の窓を使用可能で、無反射コーティング窓も使用できます。

住友重機械工業社製 GM冷凍機(RDK-101D コールドヘッドとHC-4 コンプレッサー)を使用しています。GM冷凍機の1段ステージをラディエーションシールドの冷却に、2段ステージをサンプル冷却に使用します。

テイル部分は、取り外し式でサンプル交換が容易にできます。クライオスタットのサンプル部を室温にもどし、大気圧に戻せば、テイル部分を取り外してサンプル交換が可能です。2種類のサンプルホルダーをご用意しております。一つは、フラットなサンプルホルダーで電気測定を行わない光学測定に最適です。もう一つは、電気測定に最適な配線基板タイプのサンプルホルダーです。