コンプレッサーシステムは、柔らかい金属ホースを通して、冷却ヘッドに圧縮ヘリウムを供給します。高圧ヘリウムガスが低圧部へと拡散するため、ガスの拡散と同時に冷却が起こります。その後、ヘリウムはコンプレッサーユニットに戻ります。冷却ヘッド熱交換器はサンプルホルダーと良好に熱接触しています。

正確な温度制御は、MERCURYiTC極低温環境コントローラを使用して試料ホルダー近くに位置したヒーターを駆動することにより実現されます。この際、ロジウム鉄温度センサを用いて試料温度は測定されます。外側真空ケースの下部にある光キューブは、試料交換を容易にするために、簡単に取り外し可能なクランプで保持されます。

試料を交換するには、クライオスタットが室温まで温められ、真空がリリースされ、クランプ、光学キューブ、放射シールド(該当する場合)が除去される必要があります。